消化器内視鏡

 当院の消化器内視鏡検査は、上部消化管内視鏡検査(食道・胃・十二指腸カメラ)および、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行えます。
 さらに、当院の消化器内視鏡システムは、NBI(狭帯域光観察)が可能なハイビジョンのデジタル画像によるものです。従来の内視鏡と比較すると、画面が明るくなり微小病変の早期発見が可能です。
 NBI とは、血液中のヘモグロビンに吸収されやすい狭帯域化された2つの波長(青色光:390~445nm/緑色光:530~550nm)の光で照らして観察するもので、粘膜表層の毛細血管と粘膜微細模様が強調して表示されます。”がん”は自らを大きくするため血管を増生して、栄養分を取り込もうとする性質があります。NBIでこの血管を観察することで、食道・胃・大腸内の様子を明確に画像表示し、”がん”の早期発見の助けとなることが可能です。

商品一覧へ戻る
タイトル画像
  • コウチチュウオウクリニック
    高知中央クリニック
  • 〒780-0072
    高知市杉井流14番15号地図で見る
  • 088-802-7007
  • 営業時間
    診療日 月曜日~金曜日、第二・第四土曜日
    月曜日~金曜日:午前9時~午後12時半、午後2時半~午後6時
    第二・第四土曜日:午前9時~午後12時、午後2時~午後4時
  • 定休日
    休診日 第一・第三・第五土曜日・日曜日・祝祭日
  • 駐車場あり
    約20台駐車可能です。

Copyright 高知中央クリニック All Rights Reserved.